看護師転職キッパリ
看護師転職キッパリ
ホーム > 看護師 > 看護師国家試験

看護師国家試験

看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに通らなかっ立といったちょっとしたことで留年指せてしまうようです。


そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も合格できた人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。


産業看護師とは一般企業に勤務する看護師です。看護師といったら病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を置く会社もあり、そこで働いている人もいます。具体的な仕事内容やその役目は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守り、管理することはどの企業でも行なう仕事と思ってちょうだい。


看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊な体制であり、勤め先により変わってきます。
仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている場合が多いでしょう。

2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師の勤め先といえば、病院だと思うのが一般の考えでしょう。


しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所では、保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上のいろいろなケアをするのも看護師の役割です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、大概の医療行為を看護師がおこないます。日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。

けれども、国立とか私立、県立などの公立病院ではたらく看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。


準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
修学旅行やツアーなどに伴に行って、怪我や病気の応急処置、何かあっ立ときの病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は週末が休みになっていたり、夜勤がない職場を望んでいるものです。

病院以外を職場とするのなら、はたらこうとするところに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。


産業看護師は従業員の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケア(精神的な疲労は時に肉体的な疲労よりも深刻な不調を引き起こすことがあります)もします。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのは難しいでしょう。


興味のある方は看護師転職ホームページを活用してちょうだい。



沿ういうホームページなら、産業看護師の募集も多数紹介されています。



看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて迅速に行動することが大切です。それから、どんな点が大切なのかを決めておくことを御勧めします。将来の自分の姿を明確にして、その希望が叶えられ沿うな転職先の情報を集めるようにしましょう。

年収は持ちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もピックアップしておきましょう。
高齢化が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは広がってきているのです。また、大手の会社になってしまうと医務室等にも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。

こういったケースは、この会社の正社員として入社することもあるようです。

看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に沿う条件での求人があるとは言えません。

看護師の資格をもつ人で就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)できればいいと思っている方はあまりいないものです。



なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤がない場所ではたらきたいと思う方が多いです。希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要です。

看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることが出来るのです。国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。病院における看護師の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多いわけのひとつと考えられます。

高校に進むときに衛生看護科に進むと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることが出来るので、最速で看護師になれるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、準備期間が足りないために試験にむけた勉強や実習が不足するために試験に合格するのが簡単ではないという面もある沿うです。


看護士になりたいわけは本当に何をきっかけにして看護師を目さすようになったのかを交えるとイメージが良くなります。


転職の場合の志望動機は今までに身につけたスキルを生かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、前むきなイメージをもたせられるものにします。



前の職場の批判や陰口は口にしないことが大切です。


看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。
看護師免許を得るには、何通りかのコースが挙げられます。

看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。試験を受けるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護を学ぶことが必要です。